キャッシングを利用する際には、翌月に一括払いをすることが基本でした。カードローンとは異なり、分割して支払うことを前提とした高額借入を前提としたものではなく、クレジットカードのキャッシング枠を利用して、クレジットカードが使えない店舗での支払いに充てるために一時的な借入が基本だったからです。
しかし、カードローンの普及に伴い信販会社としても、クレジットカードのショッピング利用だけでは手数料を増やすことが出来ずに、キャッシングに対してもカードローンのようにリボ払いを導入している会社があります。
キャッシングを行なう際に、一括払い前提ならば少額利用のみが考えられましたが、リボ払いで支払えるようになると借入残高が増える傾向にあります。
一括払い出来ない金額を借り入れても、リボ払いならば支払額は一定になるので、見た目の返済が楽になったように感じられるからです。
しかし、キャッシングでリボ払いを行なう際には、リボ払い手数料が高く設定されがちのために、いつまでも完済に至らないという悪循環に陥る可能性が指摘されています。リボ払いにしても最小支払額から増額した返済を続けなければ、手数料という名の利息が増えてしまうので注意して利用しなければなりません。